ニューヨークで食べたもの特集その1

2011.11.1~7 5泊7日で4度目のNY。
今回は一人じゃないのと、妹のお菓子の先生が書いたガイドブックに載っている店を中心に行ったので、結構いろいろ食べられました。
ちゃんとしたレストランというより、アメリカンな食べ物メインで。
最後の方にはかなり「なんでもいいから出汁の味がほしいーとにかくうどんー」って感じになりました。

到着していきなり韓国料理。
エンパイアステートビルの周辺はコリアンタウンなので、韓国料理のお店がたくさん。
お目当てのお店は一杯で並んでたので、隣のお店へ。結構美味しかったです。
c0198561_17244515.jpg


Sarabeth's Kitchen
2日目、朝早く起きたのでアッパーウエストへ。
サラベス・キッチンは朝食が食べれる老舗レストラン。
オムレツとサーモンのエッグ・ベネディクト
エッグ・ベネディクトとは、半分に切ったイングリッシュマフィンの上にハム(私が食べたのはスモークサーモン)、ポーチドエッグをのせて、オランデーズソースっていうマヨネーズ+クリームみたいなソースがたっぷりかかっている美味しい朝食メニューです。

c0198561_1725419.jpgc0198561_1574149.jpg


'witchcraft
3日目の昼に行ったサンドイッチ屋さん。素材にこだわってる感じで、とーっても美味しかった。
チキンとなんとかサンドとターキーとなんとかサンド。

c0198561_15121928.jpg
c0198561_15132447.jpg


LANDMARC
コロンバスサークルのタイムワーナーセンター内にあるレストラン。
アメリカンな料理、ワインはかなりの数をそろえている。
丸ビルとかにありそうなおしゃれな店内だった。
お目当ては平野先生のガイドブックにあったお勧めのステーキサラダ。
クレソンの上にがっつりステーキがのってて、ゴルゴンゾーラチーズがたっぷりかかってる。
ステーキがジューシーで柔らかくて、すごーい美味しかった。
サラダといえど、ボリューム的にしっかりメインですよ。
c0198561_1515083.jpg

写真はないけど、ここで頼んだ「本日のパスタ」
ボンゴレだったからいいかな、と思ったけど、一口食べて衝撃が走る。
茹でた麺の味、そのもの。ってかそれだけでした。(笑)
塩味もない、ニンニクも感じない。そして恐ろしくゆで過ぎ。
アメリカでは基本的にパスタを食べちゃいけません。何度失敗したことか…

Cafe Luxembourg
最後の日にハンバーガー食べてない!とわざわざ朝、地下鉄に乗って再びアッパーウエストへ。
アル・パチーノも来ることがあるという、ちょっとハイソな感じのカフェレストランだ。
ここのルクセンバーガーなるハンバーガー$18。
肉の焼き加減をちゃんと聞いてくれる本格派なのだ。
チェダーチーズをプラスして$20。お高い。
しかしそれはそれは100点満点のハンバーガーでした。
トロッと溶けたチーズ+ジュワーっとしみ出る肉汁がすごいです。
玉ねぎもシャキッとしてて全然辛くないし、フレンチフライはカリカリでたくさん食べちゃった。
c0198561_15151898.jpg
c0198561_15161868.jpg
[PR]
# by sachiinnyc | 2011-11-18 18:25 | 飯飯飯(外)

うなぎ 浜名 (浦和)

夏になるとどーも食べたい衝動に駆られちゃうんですね。うなぎ。

ここら辺だと、満寿家か、大和田か、甲子屋か。
食べログを見たらこちらも評判で、近いし初めて行ってみました。
場所はパインズホテルのすぐ近く。こじんまりしたお店ですが清潔感があって、お客さん一杯でした。

ビールは瓶のみ。
つまみは焼き鳥(塩)と肝焼き。後は漬物くらい。

天ぷらとかお刺身とかなくって、シンプルにうなぎを食べさせる店ってなんかいいねぇ。
でもこの焼き鳥とか漬物がちゃーんと美味しくて、丁寧に作ってるんだな、って感じました。
というか、焼きはお手の物でしょうか。焼き鳥めちゃ美味しかった。

うなぎは3,150円(肝吸い・漬物付き)の1種類。お高めです。
日本酒とつまみで30分ちょっと待って出てきました。

おお~~~
c0198561_13492043.jpg


身はしっかり厚みがありますが、柔らかくふっくらつやつやです。
脂ものってます。たれは上品。とっても美味しい。

伯父は「尾花まで行かなくてもいいや!」と言っていました。
私のうなぎNo,1はやっぱり尾花なわけですが、いやいや、ここは近場ではかなりいいかも。
愛想があるんだかないんだか、一生懸命なおばちゃんもなんか良かったし。

この数日、暑さと湿気でクーラーガンガンで寝ていたので体がだるかったけど、
がっつり食べて、元気モリモリです。
やっほー!
[PR]
# by sachiinnyc | 2011-07-08 12:58 | 飯飯飯(外)

しつこくベトナム

去年行った時の写真をup

この時は屋外の劇場でした。ほんとーに水がみどりいのでばっちい感じです。
c0198561_16453353.jpg

人形は街でこんな風に売ってましたよ
c0198561_1629384.jpg

バッチャン村の焼き物です。店先にあったから売り物ですよね。
上目づかいで何を求めているのでしょう。

c0198561_1631262.jpg

もーいかんともしがたい。                        ↓このおっさんは?
c0198561_1442691.jpg
このじっちゃまたち好きです。無の境地です。
c0198561_16365442.jpg
人間って美しい

もーいーかげんにやめにします。ベトナムネタ。
c0198561_1640205.jpg

[PR]
# by sachiinnyc | 2011-06-28 12:30 | 旅記録

ベトナムおかし

ここ数日猛烈に眠いです。眠気覚ましにしつこくベトナムネタを。
ベトナムで行ったスーパーに面白いものが売っていました。

①ちいさいきんくま
c0198561_10303352.jpg

見ての通りコアラのマーチのパクリみたいですけど、堂々とコアラのマーチの隣に陳列されていました。
英語表記で「Little Golden Bear」とありますが、絵は明らかにコアラ。
しかもちょっとリアルでかわいくない上に意地が悪そうです。
そして実際のお菓子にプリントされているのは、なんともへたくそな熊の絵。

明らかに方向性見失ってると思いますが。
作ってるうちにどっちがどっちだかわからなくなっちゃったパターンか。

もしや「金熊」って中国ではコアラの意味だったりするのでは?
と、ネットで調べてみたけど全然さっぱりでした。がっかり。
だいたい誰に向けた商品なのでしょう。わざわざひらがなですけど。

でもお味はゴールデンですよ。3種類入りですので。

②じスケット
c0198561_10305883.jpg

え?と一瞬目を疑う商品名です。
パッケージのイラストはきんくまに比べてまあまあな出来に見えます。コアラのマーチっぽい。
しかしなんでしょう。じスケットって。
ビスケットの間違いだとして、あまりに直接的すぎるネーミング。
なぜ「じ」だけひらがななのか。
しかもこのお菓子のキャッチコピーは

「子供の楽園に接吻する」

ですよっ。
きゃああ。
意味は皆目わからないわけですが、「接吻」の文字に目を覆いたくなります。恥ずかしいっ。
あまりの衝撃に購入を躊躇しました。

③oishi
c0198561_10311058.jpg

かっぱえびせんのパクリですが、やはり身も蓋もないネーミング。
「おいしい」をなぜローマ字表記にしたのか。

縦書きで「おいしい」とも書かれており、
「う、うん、そうか」とうなずくしかなくなるような説得力。

ちなみに味の方はかっぱえびせんよりカリッとしててあっさりしています。
まあ普通においしいです。
写真は撮り忘れて食べてしまったのでネットからいただきました。

これらは中国とかフィリピンとかアジア一帯で売られてるみたいです。
濃いぃなぁ。
[PR]
# by sachiinnyc | 2011-06-04 10:09 | 旅記録

ベトナムおもしろい

ベトナムのいろいろ情報。

ベトナムといえばバイクです。
全世界中で一番バイクの多いところなんですって。
人口8500万のうち4人に1人はバイク持ってるそうで。
免許制度はあるけど簡単で、50cc以下はいらないらしい。自転車と一緒ですね。
大人2人までは一緒に乗ってOKなんだけど、法律が適当で、子供は人数制限ないらしいのね。
しかも子供と言っても年齢制限ないらしいのね。
というわけで、普通に4人乗り5人乗りを見かけます。
「ベトナム人は親がいればみんな子供言いまーす。」とかガイドさん言ってた。(笑)

交通事情は最悪です。国内では年間で1万件以上死亡事故が起きてるらしい。
1日30人以上ですって。異常でしょ。
でもわかる。ほとんどルール守りません。一応信号あるけど、無視当たり前。
「ビーッビビーッ」とか鳴らしながら一度も止まらずに赤信号突っ走ります。
ビーってあんた!と突っ込み入れてももう遅い。
逆走、歩道走行もよくあります。
したがって歩行者は危険極まりないです。
ガイドさんが一番初めに教えてくれるのは道の横断の仕方。
①横一列に並ぶ(みんなで渡れば怖くない的な)
②バイクの流れを見ながらゆっくり歩き出す(この一歩が怖いのね)
③あとはバイクが避けてくれます(実際はあまり避けてはくれない)
④絶対走っちゃダメ。走ったらぶつかる。(笑)
ものすごい数の車とバイクの波をスイスイっとよけながら道を横断するベトナム人。すごすぎる。

さらには歩道は路駐のバイクや露天やら意味なく座り込んでる人やらでうまってます。
危ない車道の端を歩く羽目になることも多々あり。

とにかく空気悪いし、クラクションは常に意味なく鳴り響いています。
呆れるというか感心するね。むしろ。
c0198561_19492098.jpg


気候。
5月は雨季の始まりで、気温もかなり上がってます。7・8月程じゃないけど、到着した日はホーチミン35度以上。しかも湿度は常に90%以上。
5分も外歩けば汗だくだく。肌べたべた。最悪です。
でもこれが東南アジアに来たー!ってテンション上がる感じる気がするなぁ。
残念ながら(?)スコールには一度も降られることがなかったです。スコールはすごいらしいですね。

ベンタイン市場
外国人やベトナムの地方から来る観光客でごった返してます。地元民はここで買い物しないんですって。
冷房設備まったくなしの屋内市場。当然最悪に蒸し暑い。その中で普通に生ものを売ってます。
どう考えたってやばい。食堂もあったりするけど、よくまあこの中で食欲わくなあってくらい臭い。
生ゴミと乾物とドリアンと人の汗の臭いが入り混じっていて、蒸し暑いの。無理っしょ。
しかも観光客を狙ったスリがたくさんいるみたい。
こう聞くとかなりひどい場所みたいじゃないか。
でも見てまわるにはちょっと楽しい。ブランドのバッタもんとかたくさん売ってます。
c0198561_1429596.jpg

水上人形劇
ハノイで1000年続く伝統芸能。舞台が池になっていて、奥で半分水につかった人たちが竹でつながった人形を操ります。
生演奏は素晴らしい感じなんだけど、肝心の人形がゆるい。とにかくゆるい。
腕動かない人形とか、顔の塗装がはげて怖いことになってるのとか、全然あります。
動きも微妙。1000年このレベルを維持しているベトナム人がすごい。
でもなんだか滑稽です。心がなごみます。
c0198561_2074991.jpg


アオザイ
ベトナムの若い女性はみんな華奢で小柄。ほそーいです。
大学生や高校生は制服がアオザイだったりするんですって。かわいいー。
アオザイは下がパンタロン的なパンツで、上着はスリットが深く入ってるんだけど、
脇腹が少し見えるのね。あのチラリズムはたまらんね。とおぢさん女はつぶやきます。
というわけで勝手に激写。
c0198561_20105277.jpg

c0198561_2011474.jpg


「最悪」を連発しましたが、実際はベトナム面白くて嫌いじゃないです。
人がいいし、ごはん美味しいし、物価は安いし。
全体的につっこみどころ満載なところがなんとも言えません。

ばったもんお菓子の話題は別にしよう。濃いいから。
[PR]
# by sachiinnyc | 2011-05-26 20:13 | 旅記録

ベトナムご飯

九州の美味しいもの日記を差し置いて、社員旅行で行ったベトナムのご飯日記を。

今回2回目のベトナムです。
団体旅行なので、あまり冒険はしていません。
安くて美味しい地元客であふれる食堂とかみたいに面白みはないけれど、
安心して食べられる、ちゃんとしたレストランばかりに行きました。
高級と言っても、日本に比べれば断然安いし、生野菜を食べても大丈夫。

何しろ生水は絶対ダメ。野菜を洗っている水がダメ、氷がダメってなわけで、
飲み物はひたすらビールかワインしか飲むものがないわけです。
ホテルやちゃんとしたレストランは大体OKらしいけど、その境目がわからず毎回ドキドキ。
神経質になりすぎて、歯を磨くのもミネラルウォーター。
まあビールはめちゃくちゃ安いです。

料理の方は何を食べても美味しいです。
野菜が豊富なのと、味付けもやさしくあっさりしているものが多い。
三食たっぷり食べても胃がもたれません。
色々な香草が大抵の料理に使われてますが、だんだん慣れてきてはまってきます。
ヌックマム(ベトナムの魚醤=ナンプラー)もはまってきます。
チャーハンにもヌックマムをかけて食べます。初めは「うーん」って感じだったけど、
何度か食べるうちに「これがないとね!」ってな感じになりました。
好き嫌いに分かれるところですが、ベトナム料理、私はだいたい大丈夫。

一番よく食べたのが、揚げ春巻き。どこのお店もパリッとしてて中がジューシーでとても美味。
野菜に巻いて食べたりもする。
c0198561_1983215.jpg
c0198561_1985437.jpg

豚肉の生春巻き。自分で巻きます。一番有名なのはエビの生春巻きだけど、なぜか一度も出てこなかった…。
c0198561_19155060.jpg

青パパイヤのサラダ
固いキュウリみたいな感じ。甘酸っぱい&ピリ辛の味付けが最高。パクチー入り。
みんな全然食べないからほとんど一人で食べた。
c0198561_19114782.jpg

これも春巻きなんだけど、米粉を蒸したようなクレープのような生地です。モチモチしてる。
c0198561_1912544.jpg

ベトナムと言えばフォー。
ホテルの朝食バイキングで毎日食べました。ベトナムでは朝食べるものらしい。
あっさりで美味しい~。これはあまり香草が入ってないバージョン。普通は虫か!ってくらい葉っぱがたくさん入ってます。
c0198561_19122285.jpg

このような青菜が必ず出る。
c0198561_19124671.jpg

これ鶏ですけど、頭から足まで全部です。
c0198561_19131334.jpg

デザートで有名なのはチェーとプリン。
チェーとはベトナム風ぜんざいと言われています。いろいろな味があるみたいだけど、私が食べたのはバナナのチェー。
温かい。煮たバナナとタピオカ入りの濃厚ココナツミルクがたっぷりで、甘いけど美味。
c0198561_19133761.jpg

あとはプリン。超スタンダードなカスタードプリン。アヒルの卵を使っているらしく、味が濃厚で、カラメルソースはほろ苦くとても美味しい。
c0198561_19135442.jpg

お酒。
c0198561_19195117.jpg
ベトナムのビールばかり飲んでました。「333」と書いて「バーバーバー」がお気に入り。
もしくはワイン。ベトナムは長い間フランス植民地だったせいか、結構品揃えいいです。
あと最終日に飲んだのはベトナム焼酎。ウォッカって書いてあるけど。アルコールは30度弱で無味無臭。ロックでスイスイ飲みやすいです。
お土産に買ってみた。

以上、ベトナムご飯報告。
さいたまに唯一の、しかも本格的ベトナム料理店カヤオがなんと復活したというので、
さっそく復習兼ねて行かなければっ!
[PR]
# by sachiinnyc | 2011-05-26 15:29 | 飯飯飯(外)

レストラン四季 北浦和

一体いつの話になるのやら。


北浦和にはレトロな洋食屋さんがなぜか何軒も存在する。
そのうちの一軒。食べログでも人気のお店だ。
夕飯時に、お店の前を通りかかると一番昭和を感じるのです。

街がうす暗くなった頃、ぼんやりと古めかしい明りをともすお店から、
実に美味しそうな匂いがするんです。
子供のころ、友達と遊んだ帰り道を思い出します。

ある休日の夕方5時ごろ、いつものように前を通りかかったので、ふと入ってみた。

テレビから流れるニュースに何やらコメントするさぶちゃん(お店のママさん)。
厨房というより台所と呼びたくなる感じ。奥からはジューとかザクザクとかいい音と香り。

メニューも見ごたえあります。
フライがガッツリでかなりボリュームあり。気合いを入れて食べる。
ハンバーグのソースとか、んもうコッテリたっぷりで、白いご飯が進む進む。

ちなみにだいぶ前に行ったので、これがなんてメニューだったか、いくらだったかはよく覚えていない。

こういうお店がガヤガヤと賑わっている街は、なんだか安心しますね。

c0198561_19484993.jpg

[PR]
# by sachiinnyc | 2011-05-10 19:49 | 飯飯飯(外)

松之助N.Y. 代官山

c0198561_18302548.jpg

お菓子研究家の平野顕子さんが出しているアメリカンスイーツのお店です。

主にアップルパイやニューヨークチーズケーキやスコーン、コーヒーケーキの数々。

アメリカンと言うと、ひたすら大きくて甘いというイメージがありますが、ここのはどちらかというとやさしく丁寧に作ったケーキです。

最近イートインでパンケーキを出しているというので食べに行ってきました。

サワークリームとブルーベリーソースのパンケーキ。
これがなんと1枚で900円!高い!

がしかし、一口食べて衝撃が走りました。

うまぁーい!!

限りなくフワッフワです。
またメープルシロップの美味しいこと!

ペロリと食べてしまいました。1枚で大満足。

ニューヨークで食べたのより、ハワイで食べたのより美味しいかも。

焼き方なのか、粉が特別なのか。
家では食べられない味だと思います。

リンゴの季節だけ売っているアップルパイもお勧めです。

代官山にお立ち寄りの際は是非!
[PR]
# by sachiinnyc | 2010-12-29 00:04 | 飯飯飯(外)

ロールキャベツ

c0198561_14264611.jpg
クリスマスです。
マリーちゃんのロールキャベツです。

キャベツも柔らかく、中の人もジューシーです。
うちのロールキャベツはコンソメスープに普通のケチャップかけて食べるパターン。
こちらはデミグラスソースなのでリッチな感じで嬉しい。

付け合わせのパンはバターの塩気がほどよく、ソースにジュワッとしみこませて口に含むと、
うまぁーい!

てなわけで火傷も気にせず一気に平らげてしまうわけです。

あぁクリスマス。
メリーですね。
[PR]
# by sachiinnyc | 2010-12-24 22:02 | 飯飯飯(外)

欧風カレー gii (さいたま市・大和田)

今日は珍しく大宮方面に外出だったので、張り切ってお外でランチ。
以前、Kんさんにお勧めされた「蛍」ってラーメン屋さんに鼻息荒く向かう。

食べログでも人気のお店で、とても美味しそうだったからずっと行ってみたかったのだ。
が!12時前だと言うのにすでに駐車場は一杯。店の外まで並んでいた。
作業着やらスーツやらの男子に囲まれて一人並ぶ勇気がなく、Uターン。涙

すっかりラーメンモードになっていたけど、気持ち切り替えて斜め向かいのカレー屋さんへ。
こちらは前に一度行ったことがあって、本格的でとーっても美味しいお店なのです。
木々の中にある一軒屋で、ガラス張りのテラス席なんかがあって、お洒落で素敵です。

ビーフカレー 1,250円。
c0198561_16345938.jpg

+250円で、蒸かしたジャガイモ・サラダ・コーヒー・アイスが付きます。
c0198561_16363595.jpg

昨日某BMで辛いカレーの話題がでたせいかしら?
なぜか辛口を頼んでしまいました。
そしたら結構辛い!
インドカレーだったら頑張っちゃうけど、欧風カレーは中辛くらいがちょうどいいかも。

専門店らしく、レーズン・福神漬・らっきょうがたっぷり付いてきます。
ここのらっきょうは小粒で甘めだから苦手な私でも食べられる。

カレーはとても美味しい。
ビーフはとても軟らかく煮込んであり、ルーはあくまでスパイシーで味わい深いわけです。
ライスには少しばかりチーズが散らしてあります。
蒸かしたジャガイモが付いてくるって、なんか神田とか御茶ノ水周辺の古いカレー屋さんを思い出します。
あ!でもここは吉祥寺のカレー屋さんに味の雰囲気が近いです。

辛いカレーの後のコーヒーはとても美味。
平日なのに、とてもゆったりしたお昼休みって感じでうれしい。

こだわりのカレーとはいえ、ランチセットで1,500円は高いと思われますが、
このお店、1度行くとカードをもらえて、2回目以降はそのカードを提示するたびに毎回全員200円引きになるんです。
今日はカード持ってなかったけど、言ったら引いてくれました。ラッキー。

とても満足して店を出たわけですが、ひとつだけなぞが。
ライスに添えてあるキュウリの漬物はまあわからないでもないが、
小梅は一体いつのタイミングで食べたらいいのだろうか。

小梅自身も戸惑った様子で最後コロン、とお皿に残っていました。
[PR]
# by sachiinnyc | 2010-10-29 16:36 | 飯飯飯(外)